あなたが飲む水は危険かもしれません

地球科学

皆さんは山の水と聞くとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。

テレビ番組の合間のCMや映画等で出てくることもあり、山の水は透き通っており、「きれいな水」という印象を持っている方は多いのではないでしょうか。

しかし、そのイメージのまま山の水を飲んでしまうのは危険です。

水は繊細なもの

山の水にも飲み水として使用されるような、体に良い水がたくさんあります。

もちろんそのような水は安全性がきちんと確認されているので、飲料水として提供されています。

しかし、稀に安全でない水が水飲み場で使用されている場合があります。

なぜなら、水はその時の環境状況によって水の状態も変わってくるので、必ずしも安全でないということです。

実際にキャンプ等で山の水を飲料水として利用したため、集団でひどい腹痛に襲われるという事例がありました。

 

これらの解決策として有効なものに、色などを見て自分で飲めるかどうかを判断するというものがあります。

また、山の水を煮沸消毒(しゃふつしょうどく)すれば、より一層安全性が増すでしょう。

Opinion

夏は山や川へ出かけることが多くなる季節です。

途中で水分不足が起こりやすくなり、自然の水に目がくらむこともあると思います。

だからこそ、今一度水に対する安全性を見直すべきではないでしょうか。