世界一幸福な国「バヌアツ」が地獄に!!

火山
What's up
  • バヌアツにあるアオーバ島が噴火
  • 村では病気が蔓延
  • 家畜や野生動物が次々に死亡

バヌアツについて

  • 南太平洋のシェパード諸島の火山島に位置する共和制国家。
  • 83の島から成り立っていて、その半分は火山島。
  • 火山は環太平洋火山帯の一部を成しており、近海ではたびたびM7強の地震が起きている。
  • イギリスのシンクタンクによるデータでは、「世界一幸福指数の高い国」に指定されている。
  • 活火山「ヤスール山」は世界で最も火口に近づける火山として知られている。

噴火について

2017/9 l  アオーバ島が噴火

l  バヌアツ政府が非常事態宣言

2017/10 l  島民約1万5千人が島外へ避難

l  政府は島民の一部の帰島を許可

2017/11 アオーバ島が噴火
2017/3 アオーバ島が度重なる噴火
2018/4 アオーバ島が大噴火→過去3年間で地球上に存在する火山のうち最大規模の二酸化炭素を排出

2017年9月にバヌアツにあるアオーバ島が噴火した。これに対してバヌアツ政府は非常事態宣言を出し、翌月に島民1万5千人が島外へ避難することとなった。この噴火では火山から噴出した火山岩が堆積してできた新たな山も噴火し、半径6.5キロ以内は立ち入り禁止となった。同年11月、翌年3月と噴火は続き、アオーバ島は壊滅状態となった。また、4月には大噴火が起こり、これは過去3年間で地球上に存在する火山のうち最大規模の二酸化炭素を排出した。

噴火の影響

島の小中学校は降り積もった火山灰に埋もれ、子供たちが授業を受けられない、住民は生活がままならないという状況が続いている。また島の主要作物であるココヤシ園なども火山灰による被害を受け、それらの農作物を食べた住民たちの間で病気が蔓延している。被害は人間だけに限らず、家畜や野生動物も火山灰を被った草木を食べることにより次々に死亡している。

Opinion

この記事を読んだ人たちでバヌアツのことを知っていた人は多くはないだろう。有名なものとしては「命がけの成人式」として知られている「ナゴール」と呼ばれる儀式がある。これはバンジージャンプの原点になったと言われている。このような豆知識的なとこからもバヌアツという国の存在を知ることが出来る。どのような入り方でも良いので世界に目を向け、現在どのようなことが起こっているかを知ることは重要ではないのかと思う。