[速報/大阪で震度6弱の地震]被害状況

地震

今日午前7時58分頃、大阪北部で震度6弱の地震を観測しました。気象庁によると、震源の深さは13キロで、M6.1だったと推定されています。大阪府内で震度6弱の地震が観測されたのは、気象庁が統計を取り始めてから初めてのこと。

総務省消防庁では、午後5時の時点で大阪府で3人が死亡、2府4県では307人が重軽傷を負ったと発表しています。

大阪府、兵庫県では火災が4件発生。

大阪府知事である松井一郎氏は自衛隊に災害派遣を要請しました。

気象庁によると、震度6弱を観測したのは、大阪市北区や高槻市、枚方市(ひらかたし)、茨木市、箕面市(みのおし)の5市区で、震度5強は大阪市の都島区、寝屋川市、京都市中央区などの18市区町に上がりました。震度5弱は滋賀県南部と兵庫県南東部、奈良県でした。

また、近畿地方を中心に関東地方から九州地方の一部にかけて、広い範囲で震度1~4を観測。気象庁は揺れの強かった地域では1週間程度、震度6弱の地震が起こる可能性があるとして、警戒を呼び掛けています。

関西電力によると、大阪府内で約17万戸、兵庫県内で約500戸が一時停電。国土交通省によると、停電や揺れの影響で、エレベーターが止まり、午後3時の時点では大阪府や京都、兵庫など2府3県で163件の閉じ込めが発生しました。関電によると、福井県内の原発には被害がないようです。

大阪ガスによると、大阪府内の約11万戸でガスの供給を停止し、全面復旧は26~30日になる見込みだそうです。

運転を見合わせていた東海道新幹線の米原~新大阪間は、上下線ともに午後0時50分には運転を再開し、山陽新幹線でも午後3時までに新大阪~岡山が上下線で運転を再開しました。京阪神のJR在来線では一部の運航を再開しましたが、大半の路線は午後5時以降の再開になる見通しで、終日運転を見合わせる路線もあるそうです。私鉄では阪急は神戸線と宝塚線を除いて運転を見合わせている状況です。阪神、南海、近鉄、京阪は全線、大阪メトロは一部の路線が運転を再開しています。大阪モノレールは18日の運行を終日取りやめ、再開の見通しはまだ立っていません。

空の便にも乱れが出て、関西エアポートによると、18日午後3時までに伊丹空港で82便が欠航しました。

 

写真は今日午前9時51分、大阪府豊中市緑丘あたりのイオン内の本屋での写真です。天井が崩れ落ちています。

 

今後の災害情報に注意して、身の回りの安全の確保をお願いいたします。