夏休みに気を付けたい海の恐さ

自然災害

夏休みシーズンへ向かう中、海水浴に行く予定を立てている方も多いかと思います。

子供たちにとって海水浴は夏休みの大きな楽しみの1つでしょう。

しかし、2017年に全国で発生した水難事故件数は1341件。水難者数は1614人、死亡者数と行方不明者数の合計は679人となっており、水難事故は決して他人事ではありません。

離岸流とは

海で泳いでいて、ふと気づくと沖まで流されていたという経験はありませんか。それが「離岸流」というものです。海岸に打ち寄せられた波が沖に戻ろうとする際に、強い潮の流れが発生するためこのような現象が起きます。

波の運動で岸に運ばれた海水は行き場を失い、沖合へ戻ろうとします。この時、岸から沖のほうへ向かって一方的に流れる速い流れのことを、「裂け目(Rip)」「流れ(current)」の意から、リップカレント(離岸流)と呼びます。

  • 離岸流の速さ

人の早歩きと同じくらいの速さのである、毎秒1~2mほどですが水中では特に早く感じられ、水泳選手でも逆らって泳ぐことのできない速さであるとされています。

  • 発生期間

発生後約1か月間もの間同じ場所で発生し続けたり、発生から2時間後にはまた別の場所で発生したりするという気まぐれな特徴があります。

離岸流の脱出対策

もしも離岸流に巻き込まれてしまったらどうすれば良いのでしょうか。

まずは落ち着き、慌てないことが大切です。離岸流の幅は約10~30mなので砂浜と平行に泳げば抜け出すことができます。また、流れに逆らわずに身を任せ、波が穏やかになったところで岸に戻ることもできます。

決して流れに逆らって泳いではいけません。

離岸流から抜け出せたら、岸に向かって泳ぎましょう。

Opinion

離岸流は決して珍しいものではなくどこにでも発生するものです。

日本の海水浴場で発生する事故のうち、半数以上がこの離岸流によるものだと言われています。離岸流の特性や対策方法をしっかりと理解し、心がけることが大切です。