化石から美容まで!女性必見のダニ特集!

古生物
What's up
  • ミャンマーで世界初の珍しい化石の発見
  • クモの糸に引っかかったダニ?
  • 顔ダニ対策はできていますか?

世界初!クモの糸に引っかかったダニ

今年4月に学術雑誌「Create Research」が,クモの糸に引っかかったダニの化石がミャンマーにある琥珀採掘場(こはくさいくつじょう)で発見されたことを報じた。このダニは約9900万年前の恐竜時代に生息されていたとされている。通常ならその当時のダニは植物の陰に隠れ、小型の哺乳類や羽毛を持つ恐竜から血を吸っていたそうだ。しかし、このダニはクモの巣に引っかかってしまい、クモに糸で縛り上げられ、身動きが取れなくなってしまった。更に樹液が染み出し、ダニの体を琥珀の塊へと封じ込んでしまった。ダニの化石自体も珍しいが、クモがダニを捕えていたことを示す証拠となる化石は今回が世界初となっている。

琥珀:植物の樹脂が化石化したもの。

顔に存在するダニとは?

人間の顔にはニキビダニがというダニが大量に生息している。これはすべての哺乳類に寄生していて、人間には2種類のニキビダニが寄生している。哺乳類の皮膚の様々な分泌腺に寄生していて、人間には顔にほとんどが寄生していることから、「顔ダニ」と呼ばれている。生まれたばかりの新生児には見られないが、年齢を重ねるごとに寄生率が上がると言われている。

顔ダニの大まかなメリット、デメリット、対策を下記にまとめた。

メリット

皮脂や皮質を食べて、皮膚を清潔に保ってくれる。

デメリット

過剰に発生すると赤みやかゆみ、ニキビなどができる。

対策

  • 夜は必ずメイクを落とす。
  • 朝、夜の洗顔。
  • 洗顔フォームをしっかり洗い落とす。

*顔ダニは夜に増殖するので、朝の顔のお手入れが大切。

Option

顔ダニについて書くと、筆者は人間にとって有害な存在でしかないと思っていたが、実際は過剰発生しない限りはある程度有益な存在だということを初めて知り、微生物の可能性を感じた。例えば、ヤクルトでは乳酸菌を使った化粧品の開発に取り組んでおり、美容技術がどんどん発達していく中、微生物を使った商品もどんどん開発されていくだろう。