ハワイ州最大の湖が数時間で消滅

火山
What's up
  • 今月7日までにハワイ州最大の湖が数時間で消滅したことがわかった
  • 原因はキラウエア火山の噴火による溶岩の流入
  • 湖は現在溶岩で埋め尽くされている

ハワイ最大の湖が溶岩に巻き込まれる

今月7日までに噴火の続くハワイ州ハワイ島の湖「グリーンレイク」が、溶岩の流入により蒸発したことがわかった。この蒸発にかかった時間はものの数時間ということだ。最初にグリーンレイクで蒸気の煙が発生したのは2日午前10時ごろだが、午後3時にはハワイ郡消防当局から米地質調査所(USGS)に、湖が溶岩に埋め尽くされ、消滅したとの確認があったそうだ。この湖は遊泳スポットとして人気であり、水深も一時は61mにも達していたそうだ。

USGSによると、ここ数日間は火山性地震の発生は減っているが、依然として8番目の地震からは溶岩が噴出しており、溶岩自体以外に溶岩から放出される有毒ガスなどにも住民は対処を迫られている。