カリフォルニア州で山火事発生 今後拡大の可能性も

自然災害

先月,6月30日に、米カリフォルニア州北部に位置するヨロ群で山火事が発生しました。現在、ヨロ群の住民には避難命令が出ています。

山火事は範囲を広げており、、ワイン産地として有名なナパ群にも広がっています。しかし、今のところ死者や負傷者は出てないということです。

カリフォルニア州では、サクラメント郊外など、様々な群で山火事が同時多発的に発生しています。2日の朝の時点ではサクラメント周辺の山火事は3%程度しか鎮火されていませんでした。また、州北部の大都市であるサンフランシスコ市内まで煙や灰が達しているそうです。

乾燥や高気温が続く9月までは米北西部で山火事の被害が続く可能性があり、今後被害の拡大が懸念されます。

乾燥するカリフォルニア州では山火事が多発し、過去には、2017年10月にナパ郡やソノマ郡などワイン産地を直撃し、多数の死者が出ました。