コーヒー大国にもついに自然災害の波が!

火山
What's up
  • グアマテラで爆発的噴火があり、現時点で25人が死亡
  • 溶岩によって道が塞がれ、救助に向かえない地域も
  • あの有名コーヒーを誕生させた両者の関係とは?

昨日グアマテラで爆発的噴火

2018年6月3日、中央アメリカ北部に位置するグアマテラ共和国で爆発的噴火が起こった。噴火した火山は、首都グアマテラ市から南西40㎞にある、活火山のフエゴ山である。噴火によって排出された溶岩は、フエゴ山の隣の村に流れ込み、現在のところ噴火の影響は約170万人に及び、死者が25人、負傷者が約300人に達しており、行方不明者も出ている。また、住民約3100人の避難も余儀なくされている。救助活動は行われているが、溶岩によって道が塞がれ、救助に向かえない地域もある。噴火は未だ継続中で、もし降雨が続けば、土砂崩れの可能性もあるとされている。

知られざる日本との友好関係

  • 文化・経済・政治など様々な分野で交流、協力している。
  • グアマテラはコーヒー豆が主要作物。
  • 経済的観点から見て有名なものとしては、2004年9月にサントリーとグアマテラ全国コーヒー協会(ANACAFE)がタイアップし、「レインボーマウンテン」発売された。

Option

今、世界では自然災害の波が来ているようだ。これにより多くの人の尊い命が失われる形となった。このことを被災していない方々は他人事と思わず、自分の住んでいる地域にも自然災害が起こる可能性が少なからずあると考え、日々の災害報道をそのことを意識してみてほしい。。今回の被災地であるグアマテラの一刻も早い復興を願っている。